防犯カメラ設置の前に~様々な高性能機能を知る~

防犯カメラってこんなに性能良いの!? 防犯カメラってこんなに性能良いの!?

防犯カメラの高性能な機能が続々登場!

監視カメラ

地域で空き巣や車上荒らしなんて犯罪があるといつ自分の家に来るか心配になります。防犯カメラ設置をすれば犯罪予防にもなるし、被害に遭ってもカメラの映像から犯人を捕まえることができるかもしれません。どのような防犯カメラがあるか見ていきましょう。

防犯カメラ設置をするなら高性能なものにしよう

防犯カメラ設置は未だに高いと思っていませんか?本物のカメラを付けている家はお金持ちのイメージもあり、昔なら防犯カメラ設置する際には数十万円かかることもありました。しかし、それは昔の話で、現在は性能が良い防犯カメラが低価格で設置することができるようになりました。高性能の防犯カメラを低価格で設置できれば、空き巣や車上荒らしなどの犯罪を抑止することができますよ。

様々な高性能機能

赤外線LED
夜間の映像を移すことができるカメラには赤外線LEDが設置されています。赤外線LEDが届くところまでが暗くても撮影することができます。この届く範囲はLEDの個数によって変わってきます。赤外線LEDは外付けと一体型があります。
デイナイト
昼と夜で、赤外線フィルターの有無を切り替えて撮影します。そのため、低照度の暗い環境でも問題なく撮影することができる機能を持っています。低照度のときに撮影した映像は白黒になりますが、目視では見えにくい暗さでも分かりやすく映し出すことができます。
防水
玄関先や駐車場などの屋外に防犯カメラを設置するには防水機能は必要です。このカメラの設置で雨だけでなく風からもカメラを守ることができます。また、ちり埃も中に入らないようになっていて、IP65、IP66、IP67の3種類があります。
PTZ
カメラが上下左右に動かすことができ、ズーム機能も付いているので、怪しい人影があれば操作をして確実に映し出すことができます。カメラの操作には人が必要なので操作する人がいなければ、怪しい人がいても性能を発揮することはできません。
遠隔操作機能
インターネットの環境があれば防犯カメラで移されている映像をいつでも見ることができます。現代ではどこへ行くにもスマホを持ち歩くので、インターネット回線がつながっていれば、お手持ちのスマホでも確認することができます。

防犯カメラを選ぶときのポイント

高性能防犯カメラ設置をするためにはどこを見て選ぶと良いのでしょうか。カメラ選びのポイントを見ていきましょう。

高性能カメラを選ぶときの注意点

自宅周辺に不審者がいるため、高性能カメラを設置したいです。選ぶときのポイントを教えてください。
不審者は常にそこにいるわけではないので、何も変化のない場面だけを取っていても容量がなくなるだけです。そこで便利なのは、動作探知機能が搭載された録画機です。これを取り入れると動きがあった時だけ録画されます。また、夜間の撮影ではセンサーライトを設置して明るい状態で撮影することができます。防犯カメラ設置場所を変える予定のある人は、バリフォーカルレンズが付いたカメラを設置すると、撮影したい場所に焦点を合わせて撮影することができます。

専門家からアドバイスを聞く

防犯カメラに特化した専門店なら、選び方から設置まで様々な相談ができ、環境に合った防犯カメラ設置を行うことができます。

TOPボタン